メローウッドゴルフクラブでのゴルフプレー、お食事、パーティーなど心地よくお過ごしいただくための施設をご案内いたします。

Bandai Resort

メローウッドゴルフクラブ

2015.2.26
これだけは知ってコースへ25-2

~ルール編~

19.パッティンググリーン上では
●球を転がしたり、こすったり、引っ掻いたりしてパッティンググリーン面をテストすることはできません。
●パットの線やその後方線をまたいだり、踏むようなスタンスでストロークしてはいけません。
●ほかの球がパッティンググリーン上でストロークされて動いてる間は、プレーヤーはストロークしてはいけません。
●自分のキャディー以外の人からパッティングラインの指示を受けることはできません。また、ストローク中はラインを示すとこはできません。

●別の球が邪魔になる場合は、マークして取り除くことができます。パッティンググリーン上でプレーした球がが、パッティンググリーン上にある別のインプレーの球に当たると、当てた競技者が2打の罰を受けます。

●ストロークプレーではパットの省略(OK)はできません。
●球の一部がホールの縁にかかっているときは、不当に遅れることなくホールに歩み寄る時間とさらに10秒間待つことができます。その間に球がホールに落ち込まなかったときは、停止した球とみなしてプレーを続けなければなりません。

2015.2.16
スケジュールUPしました!

2015年のスケジュールをUPしました。
料金などの詳細は分かり次第お知らせいたしますので、もう少々おまちくださいませ。

尚、ご予約開始は3月上旬を予定しております。
昨年同様NET限定となりますので、予めご了承くださいませ。

2015.2.11
これだけは知ってコースへ25-1

~ルール編~

19.パッティンググリーン上では
●下記の場合を除き、自分のパットの線に触れることはできません・
(ⅰ)ルースインペディメントなどを取り除くとき
(ⅱ)アドレスの際にクラブを球の前に置くとき。
(ⅲ)どちらの球がホールから遠いかを測定するとき。
(ⅳ)球を拾い上げているとき
(ⅴ)ボールマーカーを押さえつけるとき
(ⅵ)古いホールの埋跡やボールマークを修理しているとき
(ⅶ)動かせる障害物を取り除いているとき
●パッティンググリーン上の球の位置は、球を拾い上げる前にマークしなければなりません。
拾い上げた球はふくことができます。また、球は元の位置に正しくリプレースされなければなりません。
●古いホールの埋跡やボールマーク(球の落下でできたへこみ)は、修理することができます。上記以外のパッティンググリーン面の損傷は、そのホールでの続いてのプレーでプレーヤーの援助となるかもしれないときには、どのようなものも修理することはできません。その組全員のプレーが終了してから修理するようにしましょう。